MediaTekの収益は2023年は前年比で70%増。Dimensity 9300が絶好調

本記事は広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。
  • URLをコピーしました!
目次

MediaTekの収益が2023年は前年比で70%増を記録。ハイエンドSoCのDimensity 9300が好調

聯發科元月營收衝16個月高點 天璣9300本季陸續導入AI平板 | 產業熱點 | 產業 | 經濟日報 (udn.com)

MediaTekは今までエントリーからミドルレンジ向けスマートフォン向けのSoCを作っており、単価が高く収益性が良いハイエンドモデルは競合のQualcommのSnapdragon 8シリーズに顧客を取られている状態でした。しかし、MediaTekが2023年に投入したハイエンドSoCのDimensity 9300などが好調であることから、2023年の決算は前年比で約70%近い成長を記録したようです。

同社の決算発表ではDimensity 9300は10億ドル以上の収益に貢献したとされており、2024年第一四半期は横ばいとなりますが、四半期毎に徐々に再度成長していく予測が建てられています。特に、2024年第三四半期から第四四半期にかけては次世代モデルのDimensity 9400を投入する予定で、このSoCでは最新鋭の3nmプロセスで製造がされるなどSnapdragon 8 Gen 4に迫るか超えるような性能が期待されています。

MediaTekのSoCのシェアは出荷台数が多いエントリーからミドルレンジ向けで人気であることからQualcommを大きく上回る状況が2022年までは続いていました。しかし、2023年になるとMediaTekは30%、Qualcommは29%と差は縮まってきています。しかし、モルガンスタンレーのアナリストの予測では2024年はMediaTekがシェアを35%に引き離すとみているようです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事をかいた人

自作PCやゲーム、ガジェット好き。
帰国子女だった事を活かして海外のPCやゲーム、ガジェットのトレンドや情報をいち早く正確にお届けします。

コメント

コメントする

目次