GeForce RTX 3060の最新リビジョンで再びマイニング制限が復活

NVIDIAのGeForce RTX 3060では誤ってマイニング制限を解除するドライバーを配布し、機能が無意味なものになりましたが、NVIDIAはGeForce RTX 3060に新たなマイニング制限を搭載したモデルを準備中のようです。

GeForce RTX 3060がGA106-300からGA106-302にバージョンアップ

改用 GA106-302 晶片、舊驅動失效 NVIDIA 新版 RTX 3060 再打壓 ETH 挖礦 - 電腦領域 HKEPC Hardware - 全港 No.1 PC網站

HKEPCによると、NVIDIAはGeForce RTX 3060に搭載されているGA106-300の新バージョンのGPUを開発中との事です。この新バージョンのGPUはGA106-302と呼ばれ既存のGA106-300を置き換えるモノになると見られています。

GeForce RTX 3060では、マイニング需要の拡大やNVIDIAがマイニング専用GPUであるCMPシリーズをリリースした事からGeForceとしては初めてマイニング制限する機能が搭載されました。このマイニング制限ではEthereumをマイニングするアルゴリズムに反応し、起動数分後にはマイニング性能を約半減します。このマイニング制限に対してはNVIDIAはハードウェアとソフトウェア両面からマイニングに対する制限をかけており解除は容易では無いと発言していました。

しかし、NVIDIAが公式に出した開発者用ドライバーで誤ってこのマイニング制限を解除する仕様が組み込まれたまま公開してしまい、結局このマイニング制限は解除され多くのGeForce RTX 3060がマイニングに使用される事態となってしまいました。

そのため、NVIDIAとしてはオリジナルのGeForce RTX 3060に搭載されていたGA106-300のマイニング制限を復活させるため、新たに出荷されるモデルではGA106-302と呼ばれるGPUを搭載し、マイニング解除ドライバーの影響を受けない措置を講じて、マイニング制限を再度復活させる計画となっているようです。

GeForce RTX 3060以外にもマイニング制限が搭載される可能性あり?

GPU関連のリークでお馴染みのkopite7kimi氏によると、NVIDIAのこの動きはGA106(GeForce RTX 3060)に留まらずGA102 (RTX 3080等)やGA104(RTX 3070)などにも展開される可能性がある事を指摘しています。ただ、NVIDIAは既に発売済みのモデルについては追加でマイニング制限はかけないと過去に明言した事もあるため、このkopite7kimi氏の発言通りになるかどうかは不確実と言えます。

 

このような噂が出るとマイニング目的でGeForce RTX 3060を買う人には一定の抑止効果はありそうです。GA106-300からGA106-302とSKUの末尾が変わるような変更は大々的にリリースされるものとは言えず、ある日突然この対策版GPUが出荷される可能性が高いです。ですので、今出回っている分は大丈夫でしょうが、数か月後にマイニング目的で買う人はババ抜きのような状況になりますのでどうなるか続報が待ち遠しいです。

NVIDIAとしてはマイニング目的でGeForceグラフィックスカードが大量購入されると、マイニングブームが終わった際に中古GPUが大量に出回り、利益を圧迫する可能性があります。GeForce RTX 3060では大失態を犯しましたがこの動きを見ていると、割と本気になってマイニング制限には取り組む姿勢のようですのでゲーマーとしては少し安心しました。

最新情報をチェックしよう!