Intel Lunar Lake内臓GPUのベンチマークが登場。デスクトップ向けArc A310を20%以上上回る性能に!?

本記事は広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。
  • URLをコピーしました!
目次

Intel 第2世代Core Ultra CPU『Lunar Lake』のGPUベンチマークが登場。デスクトップ向けArc A310を上回る性能に

Intel Lunar Lake With Battlemage iGPU Almost 2x Faster Than Arrow Lake With Alchemist+ iGPU In Early Benchmark Leak (wccftech.com)

Intelでは2024年末から2025年にかけてノートPCなど低消費電力向けCPUにLunar Lake CPUを投入すると言われています。

このLunar LakeではMeteor Lakeと同じくタイルアーキテクチャーを採用するとともに、CPU側にはLion Coveと呼ばれる新しいアーキテクチャーが内臓されますが、併せて内臓GPU側には新アーキテクチャーであるBattlemageも搭載され、グラフィックス性能が向上すると言われています。

今回はこのLunar Lakeの内臓GPUに関する初期のベンチマーク情報がリークとして登場しました。

ベンチマークはSiSoftware SandraでLunar LakeのES品は合計20コア構成で、動作クロックはベースが1.0 GHz、ブースト時は3.91 GHzで動作しています。内臓GPU側には合計64コアのExecution Unitを搭載し、1.75~1.85 GHzで動作しています。

この仕様で記録されているGPU性能としては1927 Mpix/sを記録しており、Alchemist+を内蔵するArrow Lakeに対して80%近く高い性能になっています。

この高い性能でありながら、TDPについてはArrow Lake側は65W~125Wに設定されていますが、Lunar Lakeは17Wに設定されているため、電力効率の観点からもLunar LakeのGPU性能はかなり高いと言えそうです。

プロセッサーMpix/s
Lunar Lake ES(64 EU @ 1.75-1.8 GHz)1927.62
Arc A310 GPU(48 EU @ 1.75 GHz)1536.18
Meteor Lake(128 EU @ 2.00 GHz)1526.55
Arrow Lake ES(64 EU @ 1.7-2.0 GHz)1075.69
Meteor Lake ES(64 EU @ 2.00 GHz)923.22

ちなみに、このLunar Lakeの性能はAlchemistアーキテクチャーを搭載し、コア数も2倍の128コア搭載するMeteor Lakeに対して26%、デスクトップ向けのArc A310 GPUに対して25%優れた性能を記録しているため、このLunar Lakeのグラフィックス性能自体もですが、Battlemageアーキテクチャーについても期待が持てる結果になっています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事をかいた人

自作PCやゲーム、ガジェット好き。
帰国子女だった事を活かして海外のPCやゲーム、ガジェットのトレンドや情報をいち早く正確にお届けします。

コメント

コメントする

目次