IntelがDLSS 3やFSRに対抗する『ExtraSS』を準備中

本記事は広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。
  • URLをコピーしました!
目次

IntelもDLSS 3やFSR 3に似たフレーム生成技術『ExtraSS』を投入予定

Intel Frame Generation Technology For XeSS Could Be Coming Soon: ExtraSS With Frame Extrapolation To Boost Game FPS (wccftech.com)

NVIDIAのフレーム生成技術であるDLSS 3を筆頭に、AMDでも同様の技術を持ったFSR 3を投入するなど最近のトレンドはアップスケーリングに加え、AIなどを用いてフレームを生成し体感上のパフォーマンスを向上させる事に焦点が当てられていますが、IntelでもこのDLSS 3やFSR 3に相当する技術開発を行っている事が明らかになりました。

Intel版のフレーム生成技術は『ExtraSS』と言う名称で呼ばれておりシドニーで開催されたSiggraph Asiaでデモなどが行われました。

このExtraSSではDLSS 3やFSR 3と同じくフレーム生成を行い、体感上のパフォーマンス向上を目的とする技術ですが、フレーム生成の方法がこれらの技術とは大きく異なっているとの事です。

と言うのもDLSS 3やFSR 3ではフレームとフレームの間に補間するフレームを生成する補間法が用いられています。しかし、IntelのExtraSSではフレームの後に新たなフレームを生成する外挿法が用いられるなど非常に高度な技術を使っているようです。

このフレーム外挿の最大のメリットは遅延の減少で、DLSS 3やFSR 3では2つのフレームから1つのフレームを生成している一方で、ExtraSSの外挿法では1つのフレームで生成が行われる事が理由のようです。しかし、デメリットとしては参考にするフレームについては高解像度なデータ入力が必要であるほか、多くの視覚的不具合などが発生する可能性があるようです。

Intelではこの不具合を克服するために外挿法を行うための研究を積み重ねており、外挿法をリリースできるだけのレベルにまで仕上げてきたようです。ただ、このSiggraph Asiaにおいてそのデモ映像などは無くExtraSSの品質に適切に評価、比較する事はまだできないようです。

なお、このExtraSSについてはDLSS 3やFSR 3使用時に感じるラグを大きく軽減できる可能性があり、フレーム生成の品質が良ければNVIDIAやAMDに対抗する強力な武器になり得るかもしれません。ただ、既にDLSS 3に対してAMDのFSR 3が視覚面で苦戦している点からフレーム生成は簡単な技術ではなく、Intelがどれだけ視覚面でネイティブやDLSS 3に近づけるのか今後の情報に注目です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事をかいた人

自作PCやゲーム、ガジェット好き。
帰国子女だった事を活かして海外のPCやゲーム、ガジェットのトレンドや情報をいち早く正確にお届けします。

コメント

コメントする

目次