Intelの5世代Xeon、Emerald Rapidsのベンチマークが登場。同コア数のEPYCには追いつけず。

本記事は広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。
  • URLをコピーしました!
目次

Intelの第5世代Xeon『Emerald Rapids』のベンチマークが登場。同じコア数のEPYCには追いつかず

2023年にIntelは第4世代Xeonである『Sapphire Rapids』を市場に投入しています。一方、ライバルであるAMDは、Zen 4アーキテクチャを採用し、最大96コアの『EPYC Genoa』とZen 4cアーキテクチャを採用し、最大128コアに多コア化された『EPYC Bergamo』の2つのCPUをリリースし、サーバーおよびデータセンター市場でのシェアを急速に拡大し続けています。

この状況に対応するため、Intelでは2023年末から2024年にかけて、現行の『Sapphire Rapids』の改良版である『Emerald Rapids』の投入を計画しています。最近、Emerald Rapidsの一部CPUのベンチマーク情報がリークされ、おおよその性能が明らかになりました。

このベンチマークはGeekbench 5で行われ、Xeon Platinum 8558Pと8551Cの2つのCPUの結果が公開されています。これらのCPUは両方とも48コア、96スレッドを有し、CPUアーキテクチャには『Raptor Lake』で採用された『Raptor Cove』が内蔵されています。キャッシュ構成では、L2キャッシュが各コアに4MB搭載され、合計192MBを備えています。一方、L3キャッシュはGeekbench上で16MBと表示されていますが、実際にはこれより多いと考えられ、260MB以上である可能性が高いです。

2つのCPUの違いは動作クロックにあり、Xeon Platinum 8558Pはベースクロックが2.7 GHz、Xeon Platinum 8551Cは最大2.90 GHzです。

ベンチマーク結果では、Xeon Platinum 8558Pはシングルコアで1359ポイント、マルチコアで51128ポイントを記録し、Xeon Platinum 8551Cはシングルコアで1371ポイント、マルチコアで48733ポイントを記録しています。

CPUモデルシングルコアスコアマルチコアスコア
EPYC 9454 (48コア)160053300
Xeon Platinum 8551C (48コア)140048700
Xeon Platinum 8558P (48コア)140051100
EPYC 7643 (48コア)120040400

性能面で見ると、IntelのEmerald Rapidsはまずまずのスコアを出しましたが、EPYC Genoaの48コアCPUと比較すると、シングルコア、マルチコアの両面で劣っており、マルチコアでは約4%低い結果となっています。ただし、先代のSapphire Rapidsに比べると性能は向上しています。

なお、Emerald Rapidsはまだ発売前であり、今後の最適化によっては、同じコア構成のEPYC Genoaと同等かそれ以上の性能を発揮する可能性もあります。しかし、EPYC Genoaは64コアや96コアなど、より多くのコア数を提供しており、性能を重視する顧客層にとっては依然としてAMDが支持され、シェアを拡大していくと考えられます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事をかいた人

自作PCやゲーム、ガジェット好き。
帰国子女だった事を活かして海外のPCやゲーム、ガジェットのトレンドや情報をいち早く正確にお届けします。

コメント

コメントする

目次