Intel Core i5-13500のベンチマーク出現。性能はCore i5-12500より1.5倍

Intelでは2023年1月頃にエントリーからミドルレンジ向けの第13世代CPU、Raptor Lake-Sを発売しますが、今回この中でミドルレンジモデルとなるCore i5-13500のベンチマークが出現しました。

中身はAlder LakeなRaptor Lake世代のCore i5-13500のベンチマークが出現。前世代のCore i5-12500より50%高速に

Intelが2023年1月頃に発表予定のモデルの内、ミドルレンジモデルとなるCore i5-13500について中国のBilibili上で活動する歪嘴多迪がES2品を入手したようで、CPU-ZやCinebench R23などベンチマークを行っています。

Core i5-13500ではP-Coreを6コア、E-Coreを8コアの合計14コア20スレッド構成となっており、Alder Lake-S世代で言うとCore i7-12700Kと全く同じコア数とスレッド数になっています。ただ、構成はCore i7-12700KではP-Coreを8コア、E-Coreを4コアという事でコア構成は異なっています。

今回登場したES品では全コア動作時は4.4 GHz、1コア動作時は最大4.8 GHzの動作クロックに設定がされているようです。

Chart by Visualizer
Chart by Visualizer

Core i5-13500ではCPU-Zのシングルコアでは767pt、マルチコアでは8227.5ptを記録、Cinebench R23においてはシングルコアが1901pt、マルチコアが19891ptを記録しています。

Core i5-13500の前世代モデル、Core i5-12500と比べるとCPU-Zのシングルコアでは+10%、マルチコアでは+68%と大幅な性能向上を記録しています。また、Cinebench R23においてはシングルコアは+6%、マルチコアは+60%とCPU-Zと同じ傾向となっています。

Core i5-12500ではP-Coreを6コアのみ搭載としていますが、Core i5-13500からはE-Coreを8コア搭載しているため、大幅な性能向上が可能と見られています。

Core i5-13500より下位のCore i5-13400との比較では、CPU-Zのシングルコアが+5%、マルチコアが+25%となっており、P-Coreは同じ6コア同士でもE-CoreがCore i5-13400では4コアに抑えられているため、マルチコアで25%という大きな性能差が出た形になっています。

なお、Core i5-13500の性能に最も近い登場済みCPUはAMDのRyzen 7 7700Xとなっていますが、Core i5-13500はRyzen 7 7700Xより安価な価格である4万円前後で販売される見込みとなっているため、コストパフォーマンスを重視する層からはCore i5-13400並みに関心を集められるCPUとなりそうです。

 

Core i5-13500の前世代モデル、Core i5-12500ではCore i5-12400に対して動作クロック以外差は無く、より価格が安いCore i5-12400の陰に隠れてしまってあまり人気があるとは言えません。しかし、Core i5-13500ではCore i5-13400に対してE-Coreが4コア増え、性能面では20%程度上回るなど明確に差別化が図られているため、登場する価格帯によってはCore i5-13400を超えるような人気を持つCPUとなりそうです。ただ、Raptor Lake世代では円安の影響で値上げが確定しているため、Core i5-12500のように3.1万円での販売はほぼ望み薄で4万円前半での販売が行われると考えられます。


すぐに買えるかは分かりませんが、新型PS5と言われている『CFI-1200』のエントリーがAmazonで開始されていますので、欲しい方は早めのエントリーする事がオススメです。

最新情報をチェックしよう!