Intel Arc Alchemist A770の発売日が10月12日で確定。価格は5.5万円ぐらい?

Intelが当初は2021年中に発売すると発表していたディスクリートGPUであるArc Alchemistのハイエンドモデル、Arc A770ですがついに発売日が10月12日で確定し、価格も判明しました。

やっと発売のArc Alchemist

IntelではディスクリートGPUとしてArc Alchemistを当初の計画では2021年中に発売としていましたが、部品供給問題やドライバーの不具合で2021年発売には間に合わず、2022年の早い段階で発売を目論むも、2022年9月現在、エントリーモデルのArc A380以外のモデルは発売時期に関する情報も出ていません。

そんなよくわからない状況のArc Alchemistについてですが、現地時間9月27日に開催されたIntel Innovationイベントにて最上位モデルのArc A770 が10月12日から発売が開始されることや販売価格について発表がされました。

発売は10月12日、価格は329ドルで登場

Intel Innovationにて、Intel CEOのPat氏が登壇し、発売日が度々延期されていたIntelのハイエンドGPUのArc A770の発売日とその詳細について明らかにしました。

このArc A770はACM-G10 GPUを採用し、32コアのXe-Coreを搭載、VRAMにはGDDR6を8GBまたは16GB搭載するとのことです。

発売日に関しては10月12日に予定されており、価格は329ドルから登場刷るとのことです。この329ドルの価格設定はArc A770 8GBモデルであると見られており、16GB版に関してはもう少し高くなると見られています。

このArc A770はIntelから直接またはIntelとのパートナー契約がある量販店やオンラインショップで販売が行われるとのことです。

性能はRTX 3060以上の可能性大。日本での価格は約5.5万円。

Intel Arc A770に関しては329ドルという価格設定はNVIDIA GeForce RTX 3060の実売価格以下になっており、価格面だけみても競争力としては非常に高いと見られています。

ただ、IntelではすでにArc A770の下位モデルにあたるA750がGeForce RTX 3060並かそれ以上の性能であると発表をしており、Arc A770についてはGeForce RTX 3060 Ti並の性能になると考えられ高騰していたミドルレンジGPUの価格を一気に引き下げる存在になるかもしれません。

関連記事:Intel Arc A750はGeForce RTX 3060より高いゲーミング性能を発揮する模様

なお、北米では329ドルという低い価格での販売となっていますが、日本では円安の影響もあり5万円から6万円以内と比較的高い価格での登場となるかもしれません。

ただ、性能面で同等と考えられるGeForce RTX 3060 Tiは最安値でも6万円近くしており、Arc A770が5.5万円ぐらいでの登場となればミドルレンジモデルとして高い売上を記録できる可能性もありそうです。

 

Arc A770については本来であれば2021年末までに発売する予定でしたが、1年遅れでやっと登場となります。価格については329ドルとかなり安価で、恐らく利益をかなり切り詰めた設定になっていると考えられます。ただ、ユーザーからすると手が届きにくかったミドルレンジからアッパーミドルレンジGPUの価格が下がるため、そこそこの売上を確保できるかもしれません。日本では円安で5万円を超えてしまいそうですが、それでもRTX 3060 Ti並の性能であれば十分安いので期待はできそうです。

 

すぐに買えるかは分かりませんが、新型PS5と言われている『CFI-1200』のエントリーがAmazonで開始されていますので、欲しい方は早めのエントリーする事がオススメです。

最新情報をチェックしよう!