GPDがSwitchサイズの外付けGPUを開発中。Radeon RX 7600M XTを内蔵。

本記事は広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。
目次

GPDがNintendo Switchサイズの小型外付けグラフィックカードを開発中。Radeon RX 7600M XTを内蔵。

GPDではSteam DeckやASUS ROG Allyのような小型なハンドヘルドゲーミングデバイスなどを製造していますが、これらのデバイス最大の弱点がZen 4+RDNA 3の様なAPUを搭載していても一部ゲームでは性能不足となり快適なプレイが出来ない所にあります。この問題に対して、ASUS ROG AllyではノートPC向けに搭載されるRTX 4090を外付け可能なROG XG Mobileなども接続できますがコネクターがASUS独自規格であったり、RTX 4090搭載という事で価格的にも非常に高くなっています。

そのため、GPDでは最大40Gbpsの帯域幅を持つThunderboltおよびUSB4ポートを介して接続されるGPD G1と呼ばれる外付けGPUを開発中で、2023年頃を目途に発売を行う予定のようです。このGPD G1ではAMDのノートPC向けディスクリートGPUであるRadeon RX 7600M XTを内蔵するとともに、最大240Wまで対応可能なGaN電源が内蔵されており、外付けGPUだけに電源を供給すればGPD G1と共に接続されている端末への充電も可能となるようです。

このRadeon RX 7600M XTについてはデスクトップ向けのRadeon RX 7600と似た仕様になっており32基のCompute Unitと32MBのInfinity Cacheそして、8GBのGDDR6を搭載し、出力端子としてはHDMI 2.1ポートを1つと、DisplayPort 1.4が2つ備わっています。

性能面についてはノートPC向けRTX 4060およびRTX 3070並みの性能となっており、ASUSが発売するRTX 4090搭載のROG XG Mobileに比べると性能面では劣りますが、1年ぐらい前のタイトルなら最高画質で、最新タイトルであれば画質設定を若干落とせば1080pで快適に動作させるだけの性能を持っていると見られています。

このGPD G1の価格や具体的な発売日については明らかにされていませんが、価格については北米で約$700程度で販売されるとのことで、$1999するROG XG Mobileに比べると非常に安くなっています。ただ、普通のディスクリートGPUを購入する事を考えると、内蔵する電源ユニットやThunderbolt/USB4などを備えているため高価になっています。

サイズについては225mm x 111 mm x 29.8mmでNintendo Switch並みのサイズ感となっています。GPDによるとこれは世界最小の外付けグラフィックカードになるとのことで、旅先のホテルなどでも快適にゲームをプレイしたいというユーザーには最適な選択肢となると言えます。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

この記事をかいた人

自作PCやゲーム、ガジェット好き。
帰国子女だった事を活かして海外のPCやゲーム、ガジェットのトレンドや情報をいち早く正確にお届けします。

コメント

コメント一覧 (3件)

  • SwitchライクなゲーミングPCには興味ないけど、
    ラップトップに繋ぐeGPUとしては破格のコンパクトさなので気になっています。
    Oculink?端子を拡張カードで追加出来れば小型PCにも繋げるようなので汎用性の高さ的にも。
    XGmobileの方がRTXでベターなんですが、いかんせん専用端子では…
    独自端子もUSB-C+oculinkのような雰囲気の形状なので、Cだけでも繋げられればよかったのに…

  • >DP2.1対応の件
    デスクトップRX7600のDP2.1対応もAIB次第のようなので、7600M XTも同様なのかもしれません。
    2.1いらんやろ、と製造元が判断すれば1.4で作られてるっぽいですね。
    実際下のクラスは1.4で十分と思います。

コメントする

目次