Rocket Lake-Sのベンチマーク出現。Ryzen 7 5800X並みの性能

Intelから2021年初旬にリリース予定のデスクトップ向け第11世代Coreシリーズである『Rocket Lake-S』ですが、8コア・16スレッドを搭載するCore i9のものと見られるベンチマーク結果が出現しました。

Rocket Lake-Sの詳しい情報はこちらへ

ギャズログ | Gaz:Log

Intelが2021年上半期に発表を予定している第11世代CoreデスクトップCPUである『Rocket Lake-S』…

8コア16スレッドを5.0GHzで動作

Wccftech

今回のベンチマーク結果ではHP製デスクトップPCの一つである『OMEN』シリーズに搭載された状態でベンチマークに掛けられた模様です。

CPUは『Rocket Lake-S』の中では最高モデルであるCore i9-11900Kと考えられ、仕様は8コア・16スレッド、16MBのL3キャッシュ、ベースクロック3.40GHzからブースト時は5.0GHzのクロック周波数で動作する事がGeekbenchの結果から明らかになっています。

シングルスレッドはAMD Ryzen 7 5800Xと同等の性能

性能面では、今回出現した『Rocket Lake-S』はシングルコアは1645pt、マルチコアでは9783ptを獲得しています。『Rocket Lake-S』最大のライバルであるAMD Ryzen 7 5800XのGeekbenchスコアは平均でシングルコアが1661pt、マルチコアが10367ptである事からシングルコア性能においては同等の性能になっています。

今回、出現した『Rocket Lake-S』はまだ最終製品では無いため、現状よりクロック周波数の向上などが想定されるため実際に発売される際にはRyzen 7 5800Xより若干高い性能を発揮するのではないかと考えられます。

[smartslider3 slider=19]
CPUコア/スレッドベース
クロック
ブーストクロックシングルコア性能差マルチコア性能差
[Rocket Lake-S]Core i9-11900K8C/16T3.4GHz?5.0GHz?1645100%
ベース
9783100%
ベース
Intel Core i9-10900K10C/20T3.7GHz5.3GHz140786%11014113%
AMD Ryzen 7 5800X8C/16T3.8GHz4.7GHz1661101%10367106%
Intel Core i7-10700K8C/16T3.8GHz5.1GHz135182%899192%
AMD Ryzen 7 3800X8C/16T3.9GHz4.5GHz129279%897992%

 

『Rocket Lake-S』ではSkylakeアーキテクチャーから新アーキテクチャである『Cypress Cove』に刷新されています。そのため、Skylakeアーキテクチャーを採用する前世代のCore i9-10900KやCore i7 10700Kに対してはシングルコア性能では約15%程度向上しています。一方でマルチコアではコア数が8コアまでしかない事から10コアのCore i9-10900Kに対してはリードを許しています。
『Rocket Lake-S』では5年間使われ続けていたSkylakeアーキテクチャーからは遂に卒業し、ノートPC向けの『IceLake』をベースとしたアーキテクチャーに刷新されます。その性能はGeekbenchを見ている限り、しっかりとAMDと対抗できるレベルに仕上がっていると考えられます。
コア数についてはかなり前から最大で8コアとなる事が判明しており、物足りなさはありますが自作PC向けCPUの売れ筋は8コアであるため、Intelとしてはニッチな16コアCPUなどに開発リソースをつぎ込むより、効率的に売り上げとシェアを伸ばす戦略を取ったと考えられます。
最新情報をチェックしよう!