Tensor G3のベースであるサムスンExynos 2300は開発中止に。Snapdragon 8 Gen 2並みの性能があったと言われているが・・・

本記事は広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。
目次

サムスンが開発中だったExynos 2300は開発中止。性能はSnapdragon 8 Gen 2並みでTensor G3のベースとなるSoCだったがExynos 2400に開発資源を集中させる方向に。

サムスンでは独自のSoCとしてExynosシリーズを開発し、一部地域で販売されているGalaxy S22などで最新版となるExynos 2200が内蔵されています。このExynos については次期Galaxy SシリーズであるGalaxy S23に向けてExynos 2300が開発中と言われていましたが、どうやらサムスンではこのSoCについて開発中止の判断を行ったようです。

Revegnus氏によるとExynosシリーズの最新モデルであるExynos 2300が量産フェーズに入ることなく開発が中止される事になったとのことです。このExynos 2300はサムスンの見積もりではQualcommのSnapdragon 8 Gen 2に迫るパフォーマンスを発揮する予定だったとのことです。

このExynos 2300の開発が中止された理由は明らかにされていないのですが、このExynos 2300をベースに開発されているGoole Tensor G3のパフォーマンスがあまり高くない事からもしかしたらサムスンが想定するパフォーマンスに達していなかった可能性があるようです。

また、サムスンではExynos 2300やその次世代モデルのExynos 2400に歩留りが高まっている4nmプロセスを適用すると見られていますがサムスンでは開発リソースをExynos 2400に割り振り、ライバルのSnapdragon 8 Gen 3に対抗するとともに自社開発のスマートフォンであるGalaxy S24に搭載する事でコストダウンを図る事を計画していると見られています。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

この記事をかいた人

自作PCやゲーム、ガジェット好き。
帰国子女だった事を活かして海外のPCやゲーム、ガジェットのトレンドや情報をいち早く正確にお届けします。

コメント

コメントする

目次