IntelのE-Coreのみ搭載のXeon『Clearwater Forest』は最大288コアに。L3キャッシュも大容量化でEPYCに対抗

本記事は広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。
  • URLをコピーしました!
目次

IntelのE-Coreのみ搭載Xeon『Clearwater Forest』は最大288コア。L3キャッシュ大容量化で多コア版のEPYCに対抗

IntelではE-Coreのみで構成されたXeonとしてSierra Forestを2024年中に投入予定としています。このSierra ForestではMeteor Lakeなどに搭載されるCrestmontアーキテクチャーを多コア化し最大144コア搭載すると言われていますが、Sierra Forestの次世代モデルであり、2025年に投入が計画されているClearwater Forestと呼ばれるCPUの情報が一足先に登場しました。

Clearwater ForestについてはMeteor LakeのE-CoreそしてSierra Forestで搭載されるCrestmontアーキテクチャーを引き続き採用するようです。しかし、Clearwater ForestではSierra ForestのE-Core構成である96コアx2から96コアx3の合計288コアにコア数が増やされる方向になるようです。

内蔵されるCPUアーキテクチャーはCrestmontの小変更に留まる方向にはなっていますが、L3キャッシュ容量などは巨大なものを搭載する予定で、IPCなども大きく向上が見込まれるようです。

サーバー・データセンター向けCPUにおいてIntelはAMDのEPYCシリーズに押され気味で、2023年にIntelは最大60コアのSapphire Rapidsを投入しましたが、AMDでは最大96コアを内蔵するEPYC Genoaと、最大128コアを内蔵するEPYC Bergamoの2つのCPUを投入しています。また、AMDでは2024年にはZen5アーキテクチャーをベースに、最大192コアのEPYC Turin-Denseの投入を計画していますが、Intelではこれに対抗する一つのCPUとしてE-Coreのみで構成されたSierra Forestを2024年に投入する事を計画しています。また、AMDも順調にコア数を増やす事が考えられるため、Intelではこの動きに対抗するためにClearwater Forestの投入を2025年に行う予定です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事をかいた人

自作PCやゲーム、ガジェット好き。
帰国子女だった事を活かして海外のPCやゲーム、ガジェットのトレンドや情報をいち早く正確にお届けします。

コメント

コメントする

目次