DRAM価格が2021年上半期までに最大18%ほど上昇する可能性

2021年が始まってからグラフィックスカードの価格は上昇の一途を辿っていますが、同じ傾向がDDR4などのDRAM価格にも見られています。Trendforceによると、DRAM価格が第二四半期までに13~18%ほど上昇する可能性を指摘しています。

2021年第二四半期(4~6月)もDRAM価格上昇は続く見込み

PC DRAM prices to rise 13-18% in 2Q21, says TrendForce | digitimes.com

Digitimesによると、DRAM価格は2021年に入って約3~8%ほど上昇しましたが、2021年第二四半期中にさらに13~18%ほど価格が上昇する事がDRAM関係のマーケット調査などを行うTrendForce社が指摘しています。

DRAMの需要は高まるが生産規模拡大はしない見込み

DRAMの今後の需要について、新型コロナウイルスによる在宅勤務やステイホーム需要などからエンドユーザー向けの製品向けのDRAM需要は引き続き高かったのですが、それに続いてサーバーやデータセンター向けの需要も上昇に転じている事がTrendForceの調査で明らかになっています。

一方で供給面では生産能力の拡大などについては各DRAMチップメーカーは慎重な対応をしているとの事です。そのため、供給の大幅拡大は見込まれていません。一方で、需要については冒頭で書いた通り、エンドユーザー向け製品の他にサーバー、データセンター用途での需要が上昇に転じているため一部ではエンドユーザー、サーバー、データセンター向け製品の供給にボトルネックや契約価格の値上げが発生する可能性があるとの事です。

特に、サーバーに向けの需要に関しては例年、第二四半期にかけて上昇する事から、DRAMの契約価格は第二四半期にかけて20%程度上昇する可能性があるとの事です。

PC向けDRAM価格は最大20%上昇する可能性

DDR4などPC向けDRAM価格については、業界筋によると、第二四半期までに現在の価格から最大20%程度上昇する可能性があるとの事です。
特に現在PC市場で主力の8GB DDR4モジュールについては15%、価格にすると$30を超える値上げが第二四半期までに計画されているとの事です。また、4Gb DDR4チップのスポット価格については2020年に入ってから約70%以上上昇しており、2Gb DDR3に関しては倍の価格になっているとの事です。ただしスポット価格の上昇は落ち付き始めているとの事です。ただ、落ち着くものの、DRAM契約価格が上昇トレンドである事は間違いなく、第3四半期、第4四半期でも上昇ペースは落ちるものの上昇は続くとの事です。

 

価格.comなどを見ていると、DDR4のメモリー価格が上昇傾向にある事は2021年2月後半ごろから記録されており、3月後半にかけても価格推移は右肩上がりと言う状況になっています。

価格.com - CFD Selection W4U3200CM-16GR [DDR4 PC4-25600 16GB 2枚組] 価格比較

メモリ高騰で32GB×2枚の平均値は3万円台後半に急上昇、16GB×2枚も上げ幅は20%超え - AKIBA PC Hotline!

秋葉原での価格調査でも1月23日の調査からDDR4-3200 16GBx2枚組のメモリーは約3000円、8GBx2枚組は約1000円程度値上げされている事からグラフィックスカードのみならずメインメモリーまで値上げが始まったようです。

グラフィックスカードやCPU、果てにはメモリーまで値上げされ、自作PCの製作やアップグレードをするには良い頃合いとは言えませんが、いつこの状況が好転するかも予測が付きません。

そのため、もし自作PCの製作やアップグレードを検討している人は組みたい時に組む、アップグレードしたい時にアップグレードするのが財布には響きますが、一番ストレスが無く最適かもしれません。。

最新情報をチェックしよう!