DLSS 3をFSR 3に置き換えるMODで古めのGeForce RTX GPUが60%程度の性能向上を記録

本記事は広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。
  • URLをコピーしました!
目次

DLSS 3をFSR 3に置き換えるMODでGeForce RTX 2000やRTX 3000シリーズのゲーミングパフォーマンスが75%ほど向上へ

NVIDIAのGeForce RTX 4000シリーズではフレーム補完を行うDLSS 3.0を搭載し、有効化されているゲームでは本来のフレームレートに対して2倍程度のフレームレートを疑似的に作り出すことが可能になっています。この技術を活用することで、NVIDIAはGeForce RTX 3060から性能がほとんど変わっていないRTX 4060を10~20%高い金額で販売することを可能にしています。

この優れた技術はTensorコアを内蔵するGeForce RTXシリーズなら使えるはずなのですが、NVIDIAは新しいグラフィックカードを購入させるためにDLSS 3の使用をRTX 4000シリーズのみに制限しています。ただ、このDLSS 3に対応したゲームをAMD版の似た技術であるFSR 3に置き換えるMODがここ最近登場しており海外のDigital FoundryがこのMODがどれだけ効果があるのか検証した結果を明らかにしています。

DLSSG To FSR3: Frame Gen Modded For RTX 20/30 Series GPUs… But How Good Is It? (youtube.com)

Digital FoundryはCyberpunk 2077やSpider-Man: Miles Moralesなど、グラフィックス負荷が高いAAAタイトルをRTX 3080でテストしました。

まずCyberpunk 2077ではFSR3などを有効化しない状態では1440pで60~70FPS程度でしたが、FSR3を有効化した状態では100FPSを常に超える状態となり、最大120FPSを記録していました。

Spider-Man: Miles MoralesにおいてはCyberpunk 2077と同様に高いパフォーマンスを発揮し、1440pで最高画質設定で動かしたところ、50~60FPSでしたが、FSR3を有効化すると100FPS程度まで向上するなどゲーミングパフォーマンスが大きく向上したとのことです。

しかし、FSR 3対応ゲームではHUD要素や髪の毛、影などに視覚的な不具合が見られることがありますが、これはMODを介してFSR 3が動作しているため避けられない問題です。それでも、FSR 3を有効にすることで、RTX 3080のようなやや古いグラフィックカードでも高いパフォーマンスを実現できるなど、グラフィックカードの使用期間を延長できるため、ユーザーにとっては大きな利点がありますので今後DLSS 3をFSR 3化するMODのほかに、正規でFSR 3に対応したゲームが増えることが望まれます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事をかいた人

自作PCやゲーム、ガジェット好き。
帰国子女だった事を活かして海外のPCやゲーム、ガジェットのトレンドや情報をいち早く正確にお届けします。

コメント

コメントする

目次