Core i9-12900KのCinebench R23スコアは3万越え。R9 5950Xより7%高速

2021年11月頃に発売が予定されているIntel第12世代CPU Alder Lake-Sですが、その最上位モデルであるCore i9-12900Kのベンチマークで今回はCinebench R23の結果が出現しました。

Core i9-12900K Cinebench R23のマルチコアスコアが出現

Intel Core i9-12900K allegedly scores 30K points in Cinebench R23 - VideoCardz.com

[続報]シングルコア性能も出現:Core i9-12900Kのシングルコア性能が判明。R9 5950Xを20%以上上回る

CPUベンチマークの定番とも言えるCinebench R23ですが、今回2021年11月末頃に発売が予定されているAlder Lake-S最上位モデル、Core i9-12900Kでの計測結果が出現しました。

ベンチマークの出現元はREHWKと呼ばれるTwitterアカウントでCinebench R23の結果と2つのツイート以外はされていない事からリークを目的に作られたアカウントのように見られます。

 

Core i9-12900Kについてはコンシューマー向けのAlder Lake-SデスクトップCPUとしては最上位に位置するモデルとなっており、P-CoreとE-Coreをそれぞれ8コア、合計16コア搭載し、スレッド数はHT有効なP-Core 8とE-Core 8の合計24となっており、L3キャッシュは30MBとRocket Lake世代となるCore i9-11900Kと比べて2倍近く増えています。

CPUモデル

P-Core 

E-Core 合計 コア / スレッド数

P-Core
ベース/ブースト 

P-Core ブースト
(全コア)
E-Core ベース / ブーストE-Core ブースト
(全コア)
L3キャッシュTDP
Intel Core i9-12900K8816 / 24TBC / 5.3 GHz5.0 GHzTBC / 3.9 GHz3.7 GHz30 MB

125W (PL1)
~250W? (PL2)

Intel Core i7-12700K8412 / 20TBC / 5.0 GHz4.7 GHzTBC / 3.8 GHz3.6 GHz25 MB125W (PL1)
~250W? (PL2)
Intel Core i5-12600K6410 / 16TBC / 4.9 GHz 4.5 GHzTBC / 3.6 GHz3.4 GHz20 MB125W (PL1)
~250W? (PL2)

Core i9-12900K + DDR5-5200構成

REHWK氏からツイートされたスクリーンショットには、Cinebench R23、CPU-Z、Windowsタスクマネージャーなどが並べられており、そのすべてでCPUやマザーボードの記載は黒塗りで消されています。ただ、Windowsタスクマネージャーで黒塗りされている箇所をよく見ると"12th Gen Intel Core i9-12900K"と言う文字が確認できます。

また、CPU-Zの画面から読み取れる情報としては、マザーボードはGigabyteのZ690 AORUS Ultraが使用されており、メインメモリーにはDDR5-5200が32GB搭載された状態となっています。

CPUの動作クロックでは、5.3GHzを示している事からIntel Thermal Velocity Boostが動作した状態でCinebench R23の計測が行われたと見られています。

Cinebench R23のベンチマーク結果では、マルチコアのみ計測されていますが30,549ptsを記録しています。このスコアはコンシューマー向けCPUとして3万ptsを越えるのは初めてであり、同等性能のCPUとして挙げられるのはZen2アーキテクチャーを32コア搭載するAMD Ryzen Threadripper 2990WXとなっています。

Core i9-12900Kの最大のライバルとも言えるAMD Ryzen 9 5950XでもCinebench R23でのスコアは28,500pts程度であり、最低でも7%程度は性能が高いと言えそうです。

まだ最終製品ではない事や、Cinebench R23ベンチマークが行われた環境はWindows 10のようですので、Alder Lake-Sに最適化されているWindows 11ではこのスコアはここから更に伸びる可能性はありそうです。

[続報]シングルコア性能も出現:Core i9-12900Kのシングルコア性能が判明。R9 5950Xを20%以上上回る

 

今回、Core i9-12900KのCinebench R23シングルコア性能の計測結果が無かったのは残念ですが、もしかしたら2000ptの壁を越える初めてのCPUにもなれるかもしれません。IntelはRyzenの登場以来ハイエンド帯CPUはかなり押され気味でしたがAlder Lake-Sの登場によってひとまずその傾向は変わりそうです。

ただ、AMDとしては3D V-Cacheを搭載するRyzen 5000シリーズを2022年初旬頃に投入すると見られており、このV-CacheによってどれほどCPU性能が向上するのかは未知数です。

 

 

 

最新情報をチェックしよう!