Core i7-12700KのCPU-Zベンチマーク出現。シングルコアが800ptに

2021年11月4日からの発売が予定されているIntel第12世代CPU Alder Lake-Sですが、ハイエンドモデルに当たるCore i7-12700KのCPU-Zベンチマークスコアが出現しました。Core i9-12900Kよりは劣るものの、それでもシングルコア性能はこちらも800ptを達成しています。

Core i7-12700KのCPU-Zベンチマークが出現

Intel Core i7-12700K crosses 800 points in CPU-Z benchmark - VideoCardz.com

Alder Lake-Sについては2021年11月4日の発売が予定されており、既にサンプル品のCPUはレビューアーなどに渡り始めていると見られています。今回は、そんなAlder Lake-Sの中でハイエンドモデルに当たるCore i7-12700KのCPU-Zベンチマーク情報が出現しました。

Core i7-12700KはP-Coreを8コア備え、E-Coreは4コア、スレッド数は16+4で合計20スレッドを持つモデルとなっています。

CPUモデルP-Core E-Core 合計 コア / スレッド数P-CoreP-Core ブーストE-Core ベース / ブーストE-Core ブーストL3キャッシュTDP
Intel Core i9-12900K8816 / 24TBC / 5.3 GHz5.0 GHzTBC / 3.9 GHz3.7 GHz30 MB125W (PL1)~250W? (PL2)
Intel Core i7-12700K8412 / 20TBC / 5.0 GHz4.7 GHzTBC / 3.8 GHz3.6 GHz25 MB125W (PL1)~250W? (PL2)
Intel Core i5-12600K6410 / 16TBC / 4.9 GHz 4.5 GHzTBC / 3.6 GHz3.4 GHz20 MB125W (PL1)~250W? (PL2)

CPU-Zのベンチマーク結果(シングル・マルチ)が出現

Core i7-12700KのCPU-Zベンチマークについては、各種ベンチマークサイトに掲載された未発表製品の結果を取り上げるTUM_APISAK氏から出現しています。

出所については右下に『百度贴吧』のウォーターマークが確認できるため、ソースは中国のBaidoが運営するSNSでの投稿のようです。

掲載されたスクリーンショットには、シングルコアとマルチコア時のベンチマーク結果が表示されています。

シングルコアのスコアを確認すると、800.2ptが記録されています。このスコアは過去に出現したCore i9-12900Kの825ptに比べると3%ほど劣る結果とはなっていますが、2021年10月時点のCPU-Z公式上で記録されている最高スコアはCore i9-11900Kの682ptからは約17%の大幅向上を果しており、ライバルであるAMD製CPUのシングルコア最高得点を記録しているRyzen 9 5900Xの648ptからは約24%の向上が記録されています。

マルチコアにおけるスコアでは9423.2ptが記録されています。Core i7-12700KではHTが有効なP-Coreが8コアで16スレッド、追加でHT無効なE-Coreが4コアで合計20スレッドが実行できますが、同等のスレッド数を持つCPUであるCore i9-10900Kではマルチコアスコアが7359ptを記録しており、28%向上が記録されています。

また、Core i7-12700Kで記録されたスコアに最も近いCPUは12コア24スレッド搭載のAMD Ryzen 9 5900Xの9544ptとなっており、Core i7-12700Kの方がRyzen 9 5900Xより4コア・4スレッドほど少ないにもかかわらず近いスコアを記録しています。

なお、Core i7-12700Kとラインアップ的には競合となるRyzen 7 5800Xでは8コア・16スレッドという事もあり6560ptとなっており、Core i7-12700Kが約44%ほど高いスコアを記録しています。

 

Core i7-12700Kに関するベンチマークはあまり出現していませんでしたが、性能面ではCore i9-12900Kと同じくシングルコア、マルチコア共に高いスコアを記録しています。Core i7-12700KとCore i9-12900KではE-Coreの数が4コア減るだけですが、マルチコアにおけるスコアが大きく異なっています。そのため、E-Coreは高効率コアと呼ばれていますが、性能については比較的高いのかもしれません。もちろん、ブーストクロックがCore i9-12900Kの方が高いため、その影響も大きそうですが。

Intel CEOはAlder Lakeの登場でAMDリードの時代は終わると豪語していますが、ベンチマークを見る限りはその発言は正しいかもしれません。ただ、問題はゲーミング時の性能や消費電力がどの程度なのか気になる所です。ベンチマークのスコアが良くても、それが瞬間最大風速的な性能であったり、消費電力が高いなどであれば扱いにくいCPUとなりますのでそうではない事を期待しています。

最新情報をチェックしよう!