Intel Bartlett LakeはP-Coreを12コア搭載。主にネットワーク機器向けでコンシューマー向けは遅れて登場?

本記事は広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。
  • URLをコピーしました!
目次

Intel Bartlett Lake-Sは最大12コアのP-Coreを搭載。主にネットワーク機器向けに登場

不排除在消費性市場導入,Bartlett Lake-S 平台可能是 Intel NEX 事業群的新產品 – BenchLife.info

Intelでは2023年に投入したRaptor Lake RefreshのさらなるリフレッシュモデルとしてBartlett Lakeと呼ばれる新しいCPUを近々投入すると噂されています。

このCPUは2024年後半に投入されるArrow Lakeの下位モデルとしてラインアップされると考えられていましたが、台湾のBenchLifeからこのBartlett Lakeについて一部情報が明らかになりました。

Bartlett Lakeに関してはデスクトップ向けのLGA1700ソケットに対応したCPUで、Raptor Lake Refreshのリフレッシュ的な扱いにはなるのですが、Raptor Lake Refresh時に登場したCore i7モデルの様にコア構成が変わるモデルが存在するようで、新たにP-Coreを12コア搭載したモデルが投入されるようです。

これはCore i9-14900KなどのP-Core8コアよりも多く、Core UltraおよびCoreシリーズとして登場すればXeon以外にP-Coreを8コア以上搭載する初めての製品となります。

このP-Coreを12コア搭載するモデルはハイブリッドアーキテクチャーになるのかは不明ですが、P-Coreはダイ面積が大きい事や性能的にE-Coreを追加する意味があまりない事からP-Coreのみを搭載したCPUにもなる可能性があります。

Raptor Lake Refreshとコア構成が大きく異なるBartlett LakeはLGA1700対応と言うことでコンシューマー向け製品としても投入される可能性はあるものの、主なターゲットはネットワーク機器向けのNEXセグメント(Network & Edge)に投入予定となっています。そのため、最初はNEXセグメント向けに投入される予定で、コンシューマー向けについてはArrow Lakeと同時期か遅ければ2025年以降となる可能性がありそうです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事をかいた人

自作PCやゲーム、ガジェット好き。
帰国子女だった事を活かして海外のPCやゲーム、ガジェットのトレンドや情報をいち早く正確にお届けします。

コメント

コメントする

目次