IntelがStarfieldの動作安定向上のためにArc向け緊急ドライバーをリリース。

本記事は広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。
目次

IntelがStarfieldで発生していた深刻なバグを緊急修正するArc向けグラフィックスドライバーをリリース

Starfieldについてはここ最近話題になっている今年最大の話題作とも言える作品なのですが、非常に重いグラフィックスの他にDLSS非対応騒動などゲーム本編以外の話題も尽きない状態になっています。このStarfieldですが、AMDやNVIDIA、Intelにとっても話題のゲームにいち早く対応する事は急務で、AMDでは早期アクセスが利用可能になった直後からから最適化が行われたドライバーをリリースし、NVIDIAもNVIDIAもStarfieldをサポートし、適切なGPUパフォーマンスを提供するプリランチドライバを用意していました。

しかし、IntelはAMDやNVIDIAに対して出遅れが顕著に表れており、ゲームのクラッシュやビジュアル、パフォーマンスの問題などさまざまな問題ンい直面していました。

そこで、Intelでは急遽ベータドライバーである31.0.101.4672 BETA Game-OnドライバをIntel Arc & Iris GPU向けにリリースし、Starfieldで発生していた様々な問題を一時的に修正しています。

Intel® Arc™ & Iris® Xe Graphics – Windows*

以下がIntelが発表している最新ドライバーの変更点となっています。

31.0.101.4672 BETA Game-Onドライバ

グラフィックスドライバパッケージ

  • Starfieldゲームのロード時間を大幅に削減するために、ドライバパッケージのサイズが一時的に拡大しています。

ゲームの安定性とビジュアルの改善

  • Starfieldゲーム内での不安定性と視覚的な問題点がいくつか解消されました。安定性を高めるために、High Preset(高設定)以下が推奨されます。

今後のアップデートに向けた取り組み

  • Intel Arcユーザーに対して、Starfieldでの全体的なゲーム体験を今後もさらに改善するための努力が続けられます。

解消された問題

  • Starfield (DX12) のゲームロード時間が大幅に削減されました。
  • Starfield (DX12) は、起動中やゲームプレイ中に不安定になったり、アプリケーションがクラッシュする問題を修正
  • Starfield (DX12) は、ゲームプレイ中にテクスチャ破損や画面のちらつきを修正

未解決の問題

  • Starfield (DX12) は、ゲーム内の特定のエリアでアプリケーションが不安定になる場合があります。
  • Starfield (DX12) は、ダイナミックレゾリューションスケーリングを使用すると破損する可能性があります。対策として、レンダリング解像度スケールスライダーの値を変更することが推奨されています。
  • Starfield (DX12) は、ゲームプレイ中に光源にテクスチャのちらつきを引き起こす可能性があります。

なお、まだまだStarfieldに関連した問題は存在が確認されているのですが、IntelのグラフィックスマーケティングのRyan Shrout氏によると今週を目途にさらなる問題修正を施したドライバーアップデートの提供を予定しているとのことです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

この記事をかいた人

自作PCやゲーム、ガジェット好き。
帰国子女だった事を活かして海外のPCやゲーム、ガジェットのトレンドや情報をいち早く正確にお届けします。

コメント

コメントする

目次