AppleがQualcommとの契約を2027年まで延長。5Gモデムの開発はさらに遅延

本記事は広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。
  • URLをコピーしました!
目次

AppleがQualcommとの5Gモデム契約を2027年まで延長。自社開発の5Gモデムはさらなる開発遅延

Qualcomm (QCOM) earnings report Q1 2024 (cnbc.com)

Appleでは自社で開発したSoC、Apple Siliconの成功体験を基にiPhoneなど主力製品で重要なコンポーネントであるモデムについてIntelのモデム事業を買収することで、内製することを計画しておりその最初の製品が2024年に発売が予定されているiPhone SE4になるとみられていました。しかし、この5Gモデムの開発はかなり難航していることが2023年ごろから報じられるようになり、当初は2024年でしたが2025年説や最近では2026年登場説まで出ています。

しかし、Qualcommの決算発表にてCEOのChristiano Amon氏がAppleとのモデム契約が2027年3月まで延長されたことが発表され、Appleの5Gモデム開発はさらなる遅延が発生していることが示唆される事態になっているようです。

もちろん、AppleはQualcommのこの発表についてコメントしていませんが、ライセンス契約の延長は、同社がQualcommに対する依存度を減らすために開発をしている5Gモデムが思うように進んでいないことは明らかです。実際に過去のリークでは初期段階の5Gモデム試作品では性能と過熱の問題に悩まされているほか、Qualcommが持つ膨大な特許への回避策と各国で策定されている電波法規への準拠が大きな課題になっていると言われていました。

冒頭の通り、Appleは2019年にIntelのモデム事業を1500億円程度で買収することで、Apple製品に特化したモデムを開発し、省電力性能や独自機能などを付与するなどして付加価値を高めつつ、Qualcomm依存を減らし収益をより高める計画でしたが、AppleはApple Siliconで非常に高いパフォーマンスを持つチップを作る能力はあるものの、モデム分野では成果を出せていないことは大きな挫折でもありますが、それだけモデムの開発、特に4Gや5Gなどはノウハウなどが必要な分野とも言えそうでQualcommは今後もこの分野で輝き続けられるとも言えそうです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事をかいた人

自作PCやゲーム、ガジェット好き。
帰国子女だった事を活かして海外のPCやゲーム、ガジェットのトレンドや情報をいち早く正確にお届けします。

コメント

コメントする

目次