Appleが自社開発の5Gモデムを2025年登場のiPhone SE4から搭載へ

本記事は広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。
目次

2025年発売のiPhone SE4でApple自社開発の5Gモデルを搭載へ

Appleでは低価格版iPhoneにあたるiPhone SE3の次世代版にあたるiPhone SE4を2025年発売に向けて開発をしていると言われていますが、このiPhone SE4においてはコストの削減と競争力の確保を目的にAppleが自社開発した5Gモデルをはじめて搭載すると見られています。

業界アナリストのMing-Chi Kuoによれば、iPhone SE 4はAppleが自社で開発した5Gモデムを初めて搭載するデバイスになる可能性が高いとされています。この情報はまだ憶測の域を出ていませんが、AppleはQualcommからの独立を目指して、自社設計のモデムに大きな投資をしています。AppleはすでにIntelのスマートフォン向けモデム事業の大部分を買収しており、今後も自社のモデム開発を進めていくと見られています。

ただ、Appleが独自のモデルを完成させるまでには少なくとも1年以上はかかると見られており、計画されている2025年まではQualcomm製モデルを使用し続けると見られています。

現在のところ、Appleは今後登場するiPhone 15とiPhone 15 ProでQualcomm製のモデムを使用する予定で、その次世代モデルのiPhone 16シリーズでも続くとされています。

Apple独自の5Gモデムの詳細はまだ明らかにされていませんが、現行のQualcomm製モデムよりも消費電力が少なくなるほかAppleが独自に付与したい機能などもより簡単に追加する事が可能になると見られており、Androidスマートフォンに対して差別化を進めることが容易になります。

なお、Apple製モデルを搭載して登場が予定されているiPhone SE 4については、デザインが大きく変わるとされています。以前の報道によれば、iPhone SE4はiPhone 14シリーズに似たデザインになるとされています。つまり、Touch ID認証が廃止され、Face IDが採用される可能性が高いです。さらに、カメラもアップグレードされ、フラッグシップモデルと同等の性能を持つほか、SoCはより高速で消費電力が低いApple A17 Bionicなどの3nmチップが搭載されるとされています。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

この記事をかいた人

自作PCやゲーム、ガジェット好き。
帰国子女だった事を活かして海外のPCやゲーム、ガジェットのトレンドや情報をいち早く正確にお届けします。

コメント

コメント一覧 (1件)

  • モデム開発苦戦はしてるって聞いてたが完成したんやな

コメントする

目次