AMD Ryzen 7 8700GのGPUやAI性能ベンチマークが登場。性能はCore Ultra 7並?

本記事は広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。
  • URLをコピーしました!
目次

AMD Ryzen 7 8700Gの各種ベンチマークが登場。GPU性能はCore Ultra 7並?

AMDでは2024年1月初旬に開催されるCES2024近辺でノートパソコン向けのRyzen 8040シリーズをベースにデスクトップ向けに転用したRyzen 8000Gシリーズを投入しますが、今回この中で最上位モデルとなるRyzen 7 8700Gに関する各種ベンチマークが登場しました。

このRyzen 7 8700GではCPU側には合計8コア、16スレッド構成となり動作クロックは最大5.1 GHz、L3キャッシュは合計16MBになっています。GPU側についてはRDNA3アーキテクチャーで構成されるCompute Unitを12コア搭載することで高いグラフィックス性能が期待できます。

グラフィックス関係のベンチマークではOpenCLでは29244ポイント、Vulkanでは35427ポイントを記録しています。

デバイス名Geekbench 5 OpenCL スコアGeekbench 5 Vulkan スコア
RTX 3050 (Laptop)5037048666
RX 480 (Desktop)4230246079
RTX 2050 (Laptop)4147440594
MX570 (Laptop)3917938904
GTX 1650 Ti (Laptop)3857639219
Arc A380 (Desktop)3710537579
GTX 1650 (Laptop)3503631557
MX550 (Laptop)3460631388
GTX 1060 6 GB (Desktop)3417535303
Arc Xe-LPG (Core Ultra 7 155H)3394832687
Radeon 780M (Ryzen 9 7940HS @ 60W)3259836102
GTX 1060 3 GB (Desktop)3176532978
Radeon 780M (Ryzen 9 7940HS Stock)3029633636
Radeon 780M (Ryzen 7 8700G)2924435427
Radeon 760M (Ryzen 5 8600G)2484230770
Radeon 760M (Ryzen 5 7640HS)2079327106

今回のベンチマークではメモリーにはDDR5-4800と少々遅めのメモリーを使っているため性能は若干制約された状態といえます。そのため、OpenCLではベースとなっているRyzen 7 7940HSに対して4%、IntelのCore Ultra 7 155Hに対しては14%劣ったスコアを記録しています。

一方でVulkanではRyzen 7 7940HSに対して5%、Core Ultra 7 155Hに対して8%ほど優れた性能を記録しています。これは今後のドライバー最適化などによりCore Ultra 7などに近い性能を記録できるようになるかも知れません。

デバイスONNX CPU InferenceONNX GPU Inference
Ryzen 7 8700G39335255
Ryzen 9 7940HS36865174
Core Ultra 155H32434408

ここ最近注目を集め始めているAIなどに必要な機械学習機能の性能については、Ryzen 7 8700GはCPUだけでは3933ポイント、GPUのみで5255ポイントを記録しています。

これはRyzen 7 7940HSに対してCPUでは6%、GPU側は1.5%優れた性能を記録しています。これは動作クロックがデスクトップ向けのRyzen 7 8700Gでは高められている事が要因と言えます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事をかいた人

自作PCやゲーム、ガジェット好き。
帰国子女だった事を活かして海外のPCやゲーム、ガジェットのトレンドや情報をいち早く正確にお届けします。

コメント

コメントする

目次