AMDがRyzen Threadripper 7000シリーズは2023年下半期中に発売で計画中

本記事は広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

AMDでは2023年秋以降にZen 4アーキテクチャーを採用するEPYCをベースにしたワークステーションおよびHEDT向けCPU、Ryzen Threadripper 7000シリーズ、コードネーム:Storm Peakを発売予定ですが、ASUSの広報担当者のTony Yu氏により発売時期に関する発言があったようです。

目次

AMD Ryzen Threadripper 7000は2023年下半期に投入。ワークステーションに加え、HEDT向けは復活予定

AMDではZen 4アーキテクチャーを採用した最大96コアのEPYC Genoaを2022年末頃に発売し、これらのCPUをワークステーションおよびHEDT向けに転用したRyzen Threadripper 7000シリーズが2023年秋頃を目途に発売がされるというリークが過去に登場していました。

今回、このリークを補足する情報として、ASUSの広報担当者であるTony Yu氏がIntelの最新鋭ワークステーション・HEDT向けCPUであるXeon W3400シリーズの紹介とレビューをする中で2023年後半を目途にAMDがTR5プラットフォームを採用するRyzen 7000Threadripper 7000 HEDT CPUが登場して、より多くのコア、より多くのI / O、そしてCPUのパフォーマンス/効率が向上することを示唆する発言をしています。

Special effects guy ecstasy! Intel Xeon W 3495X/2495X Processor Deep Review_Bilibili _bilibili

AMDのRyzen Threadripperについては4000シリーズまでは多くのPCIeレーンとメモリーチャンネルを搭載するワークステーション向けのRyzen Threadripper Proと、PCIeレーンなど拡張性が少し削られたHEDT向けのRyzen Threadripperのラインアップで用意されていましたが、5000シリーズではライバルのIntelが不在だったこともあり、高価なRyzen Threadripper Proのみラインアップしていました。

しかし、2023年にIntelは第12世代CPUのAlder Lakeで採用されていたGolden Coveアーキテクチャーを最大56コア搭載したワークステーション向けのXeon W3400とHEDT向けのXeon W2400を発売しています。そのため、AMDではこれらの製品に対抗するために、Ryzen Threadripper ProとRyzen Threadripperの2つをラインアップする計画であると言われています。

ワークステーション向けのRyzen Threadripper Proはサーバー・データセンター向けのEPYCに仕様は近く、8チャンネルのDDR5、最大128 PCIe Gen 5レーンを備える予定です。ただしオーバークロック機能は無効化されます。

一方でHEDT向けでは4チャンネルのDDR5、最大64 PCIe Gen 5.0レーンにスペックダウンされますが、よりコンシューマー向けという事でオーバークロック機能が搭載される予定になっています。

これらのCPUの最大コア数は不明ですが、ベースとなるEPYC Genoaが96コアである事を考えるとワークステーション向けでは少なくとも96コアモデルが登場し、HEDT向けでは従来モデルで既に64コアを搭載している事から64コアを下回る事は無いと考えられています。

なお、Intelのワークステーション向けXeon W-3400は最大56コア、HEDT向けのXeon W-2400では最大24コアという事で、Ryzen Threadripper 7000シリーズについては発売がされればワークステーションおよびHEDT向けでは競争力が非常に高い製品になると見られています。


この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

この記事をかいた人

自作PCやゲーム、ガジェット好き。
帰国子女だった事を活かして海外のPCやゲーム、ガジェットのトレンドや情報をいち早く正確にお届けします。

コメント

コメントする

目次