AMD Ryzen 9 6900HXのベンチマーク出現。Alder Lakeより30%以上低い性能に

  • 2022年1月27日
  • 2022年2月1日
  • Zen3+

AMDではCES2022にてラップトップ向けにZen3+アーキテクチャーを搭載したRyzen 6000シリーズを発表しましたが、その中で最上位モデルとなるRyzen 9 6900HXのベンチマークが出現しましたが、Alder Lake-Pに大差を付けられてしまっています。

Zen3+とRDNA2 GPUを搭載するRyzen 9 6900HX

AMD Ryzen 9 6900HX 'Zen 3+' APU Benchmark Leaks Out: 33% Faster Than Ryzen 9 5900HX But 30% Slower Than Intel Core i9-12900H (wccftech.com)

AMDではCES2022にてCPUにZen3+アーキテクチャ、GPUにRDNA2アーキテクチャを搭載したRyzen 6000シリーズAPUをラップトップ向けに発表をしました。このRyzen 6000シリーズに搭載されるZen3+はRyzen 5000シリーズに搭載されているZen3に対して6nmにプロセスを微細化すると共に、若干ながら改良が加えられたアーキテクチャになっており、数%の性能向上と消費電力の低下が見込まれています。

Ryzen 9 6900HXはこのRyzen 6000シリーズの中で最上位に位置するモデルで8コア16スレッドとなっており、16MBのL3キャッシュを搭載しています。動作クロックに関してはベースは3.30GHz、ブーストは4.90GHzでTDPは最大45Wとなっています。

ベンチマークはCore i9-12900Hを大きく下回る性能に

ベンチマークはLENOVO製のラップトップで計測が行われていますが、この82RGが具体的にどの機種を指しているのかは不明ですが、OSはWindows 11、メモリーは32GB搭載された環境で行われています。

Ryzen 9 6900HXのベンチマークの結果はシングルコアが1593pt、マルチコアが10151ptとなっています。マルチコアスコアが最も近いCPUとしてはデスクトップ向けのCore i9-11900KF(10218pt)やRyzen 7 5800X(10341pt)となっており、TDPを100Wを超えるデスクトップ向けCPU並みのパフォーマンスを実現しています。

Zen3+を搭載するRyzen 6000シリーズはZen3を搭載するRyzen 5000シリーズに比べて6nm化やアーキテクチャーの小改良などが主な変更点となっていますが、Ryzen 9 5900HXに比べるとシングルコアは12%、マルチコアは33%向上しており、小改良とは言うものの大きな性能向上を果しています。

前世代と比べると大幅な進化を感じられますが、同じハイエンドラップトップ向けCPUであるIntel Core i9-12900Hと比べると少々残念な結果になります。

Core i9-12900Hに関しては、14コア20スレッドとなっておりスペックだけでもRyzen 9 6900HXを圧倒しています。そんなCore i9-12900Hに関しては、Geekbench上ではシングルコアが1700pt以上、マルチコアに至っては14000pt超えのスコアが多数記録されており、比べるとシングルコアは6.7%、マルチコアは最低でも38%程度Ryzen 9 6900HXが劣後する記録になっています。

ただし、Ryzen 6000シリーズに関しては元々Alder Lakeに対してCPUパフォーマンスで勝つことは困難な事は予測されており、AMD自身も想定していたと考えられます。そのため、Ryzen 6000シリーズでは内蔵GPUが従来まではVegaアーキテクチャーを採用していたところを、最新のRDNA2アーキテクチャーに刷新し、Compute Unitも8基から12基に増やされています。VegaからRDNA2に変更する事で内蔵GPUの性能は大幅に向上すると見られており、AMDとしてはCPU性能ではIntel Alder Lakeに負ける事が確定ですが、GPU性能で勝負を掛けると見られています。

 

NVIDIA GeForce GT 1010が8000円で出現。性能はGT 710の約4倍だがIris Xe以下

 

Ryzen 9 6900HXもCPU単体で見るとRyzen 7 5800X並みの性能と非常に高いのですが、競合となるCore i9-12900Hの性能がバケモノ級に高いため、このような結果になっています。ただ、Zen3からZen3+に変えるだけでシングルコアは12%、マルチコアは30%以上の向上を果している点はしっかり評価できる点と思います。

一般ユーザーのみならずAMDも、Alder Lakeと比べるとCPUで惨敗するのは予想出来ている事ですので、AMDとしては勝てる所で勝つために、内蔵GPUをRDNA2化したと見られますが、この内蔵GPUがどれだけ高いパフォーマンスを発揮するのか気になる所です。

個人的にはSurfaceのような薄型ラップトップでApex LegendsなどをプレイしたいのでGPU性能に期待がかかります。

最新情報をチェックしよう!