AMD Ryzen 7000シリーズが5/23日発表へ。X670Eチップセットの情報も出現。

  • 2022年5月20日
  • 2022年5月26日
  • Zen4

AMDでは2022年下半期にZen4アーキテクチャーを採用するRyzen 7000シリーズの発売を予定していますが、このRyzen 7000シリーズに対応する最上位チップセットであるX670Eに関する仕様情報が出現しました。また、Zen4 Ryzen 7000シリーズの発表に関する情報も出ています。

Zen4 Ryzen 7000シリーズとソケットAM5

AMDでは2022年1月に開催されたCES2022にて5nmプロセスを採用したZen4アーキテクチャーを搭載のRyzen 7000シリーズを2022年下半期中に発売する事を発表しています。このRyzen 7000ではPCIe Gen 5.0への対応やメインメモリにはDDR5などに更新され、CPUソケットも従来までのソケットAM4からソケットAM5に刷新されます。

また、このRyzen 7000シリーズ登場に併せて対応チップセットも登場する予定となっていますが、この中で今までリークとして出現した事が無いX670『E』と言うチップセットに関する情報が出現しました。

ギャズログ | Gaz:Log

AMDではCES2022にて2022年下半期にZen4アーキテクチャーを採用した第6世代 RyzenであるRyzen 7…

X670EではPCIe Gen5必須。X670ではPCIe Gen4も搭載可能

AMD to Announce Three Chipsets for AM5 at Computex | TechPowerUp (記事が取り下げられているようです。)

AMDでは間もなく発表が予定されているZen4アーキテクチャーを採用のRyzen 7000シリーズに併せて、対応チップセットの発表も準備しているようで、TechPowerUPが持つ独自のソースによるとAMDではX670E、X670、B650と3種類のチップセットを準備しているようです。

この中でX670とB650については既に登場が予想されていたチップセットとなっていますが、今回新たにX670Eと言うチップセットが追加されるようです。

このX670Eの『E』はExtremeと言う意味ですが、X670とは仕様自体は同じになる見込みです。ただ、商品上違いがあるようで、X670Eと名乗るにはマザーボードメーカーはGPU用のPCIe x16スロットおよびM.2 NVMe SSDスロットの両方を必ずPCIe Gen 5.0化する必要がある一方で、X670に関してはマザーボードメーカーはPCIe Gen 4.0またはPCIe Gen 5.0のどちらを選択できるようです。

なお、過去に600シリーズチップセットの中でX670系はMCM化されるというリークがありましたが、どうやらこれは本当だったようでX670EとX670はPromontoryアーキテクチャーを採用したチップセットを2基搭載し、B650では1基のみ搭載するとの事です。

ギャズログ | Gaz:Log

AMDでは2022年下半期に発売されるZen4アーキテクチャーを搭載するRyzen 7000シリーズを発売しますが、この…

X670E/X670はCOMPUTEX 2022で発表。つまりZen4 Ryzen 7000も発表?

AMDでは日本時間の2022年5月23日 15:00に台湾で開催されるCOMPUTEX 2022にて何かしらの発表を予定していますが、AMDのサイトに発表内容に関する概要が掲載されました。

Join us for the digital AMD CEO keynote at Computex 2022 as Dr. Lisa Su shares the AMD vision to advance the PC experience through next generation mobile and desktop PC innovations. Combining cutting-edge CPUs, GPUs and software, AMD and its ecosystem partners will show breakthrough performance and leadership experiences for gamers, enthusiasts and creators.

AMDの発表ではLisa Su氏が登壇し、内容としてはAMDの次世代モバイルとデスクトップ向け製品の展望について共有する事や、最先端のCPUやGPU、そしてソフトウェアを組み合わせた製品についても記載があります。

 

Ryzen 7000シリーズについては2021年末頃からCOMPUTEX 2022での発表が噂されており、生産開始が既に開始もされています。また、wccftechの編集担当もX670/X670EがCOMPUTEX 2022で発表されるとツイートしている事から日本時間の2022年5月23日 13:00にRyzen 7000シリーズは発表されると見て間違いは無さそうな状況になっています。

 

ギャズログ | Gaz:Log

NVIDIAではゲーミング用GPUであるGeForceがマイニングなどに利用できないようにマイニング性能を制限するLit…

 

PCIe Gen 5.0についてはIntelではハイエンドのZ690の他、H670、B660などミドルレンジモデルまで標準搭載としていますが、AMDではPCIe Gen 5.0はオプションとなるため、X670Eを除くとX670やB650チップセットの中ではPCIe Gen 5.0対応や非対応のモデルが混ざるというユーザーには分かりにくい状態となりそうです。

なお、AMDでは今回ソケットAM5へ刷新を行いますが、ソケットAM4では最初期のZenと共に出現したマザーボードでもAM4最後のCPUであるRyzen 7 5800X3Dまで対応できたことからソケットAM5も長い期間に渡ってマザーボードを流用する事が可能と見られています。

そのため、将来的にAMD製CPUからIntelに乗り換える気が無い人であればAM5発売のタイミングでは高めですがPCIe Gen 5.0対応のX670E/X670マザーボードを購入し、マザーボードを長期的に利用するという使い方が賢いかもしれませんね。

最新情報をチェックしよう!