6nm『Zen3』RyzenとRDNA2搭載したAPUが2021年に登場

  • 2020年9月25日
  • 2020年11月30日
  • Zen3

f:id:gazooooo:20200817162302j:plain

10月8日に発表される『Zen3』Ryzenですが、そのZen3と10月28日発表予定のRDNA2を組み合わせたAPUが2021年後半での登場が予定されています


Zen3Ryzenの最新情報はこちらへ

ギャズログ | Gaz:Log

2020年期待のCPUでもある『Zen3』こと、第4世代 Ryzenシリーズですが、AMDの四半期決算にて『開発は順調に…

6nmで『Zen3』+『RDNA2』を搭載。LPDDR5対応

VideoCardz.com

First leaks on AMD’s next-generation APUs. AMD Rembrandt; 6n…

10月8日に発表予定の『Zen3』RyzenとVega GPUを搭載するAPUである『Cezanne』の存在は確認されていましたが、AMD関係のリーク情報に詳しいTwitterアカウント@Patrickschur_と@MebiuWから新しい情報が出現しました。

『Cezanne』の後継モデルの『Rembrandt』が2021年末に登場

ギャズログ | Gaz:Log

AMDのZenアーキテクチャー採用のRyzenですが、2021年から2022年にかけての詳細Zen2、Zen3のロードマ…

過去に紹介したAMD Zenシリーズのロードマップの一部情報が新たに載せられており、コードネームは『Rembrandt』と呼ばれています。『Cezanne』の次に出るモデルとしてリストされている事や、『Navi2』と書かれている事からAPUである事が分かります。

CPUには『Zen3』を搭載し、GPUには先ほど書いた通り『Navi2』を搭載します。『Cezanne』まではVegaアーキテクチャーであり、『Rembrandt』でRDNA2アーキテクチャーを採用する事から性能面で大きく飛躍すると考えられます。

製造はCPU、GPU共にTSMCの6nmプロセスで製造されるとされており、2021年末は時期的にIntelが7nm製品を本格的に投入するタイミングで、6nmを採用する事でIntelより先進性をアピールし差別化を図ろうとする戦略と考えられます。

LPDDR5と20x PCIe4.0、USB4.0も採用

『Rambrandt』の登場時期が2021年末という事で2022年から本格的な普及が期待されているDDR5へ対応する予定です。また、RDNA2の性能を活かすのと言う意味でもLPDDR5への対応は必須だったものと考えられます。

また、PCIe4.0への対応や、USB4.0対応など先進のハードウェア規格へはフルで対応するものと見られており登場すればノートPCの性能は飛躍的に上がると考えられます。

2021年初期に登場するAPUは『Cezanne』でZen3+Vega7とGPUがあまりパッとしない印象でしたのでAPUを狙う方の本命はこの『Rembrandt』になると考えられます。特にRDNA2はワットパフォーマンス性能が大幅に向上しており6nmを採用する事で低消費電力ながら高いパフォーマンスを発揮する事が期待できます。Zen3+RDNA2はCPUはPlayStation5やXbox Series Xより新世代という事で理論上は同等レベルの性能を有しているかもしれません。過去にロードマップで判明したVan Goghにもありましたが、『Rambrandt』にも”Computer Vision and Machine Learning”が登場しており、ノートPC向け製品では機械学習用の特殊コアが搭載されるのでしょうか?

最新情報をチェックしよう!