CATEGORY

13 | Raptor Lake

  • 2022年8月9日
  • 2022年8月9日

Intel Core i9-13900Kの最大消費電力は345W。Cinebenchは4万pt越えを達成

Intelでは2022年10月を目途に現行のAlder Lake-Sの後継モデルとなる第13世代Raptor Lake-Sを投入予定ですが、この最上位モデルとなるCore i9-13900Kの最終仕様版で計測されたCinebench R23ベンチマーク結果や最大消費電力に関するリーク情報が出現しましたがえげつない消費電力になっています。

  • 2022年7月29日
  • 2022年7月29日

Intel Core i7-13700Kの消費電力は最大241Wに。Core i5-13600Kは178Wに

Intelでは2022年10月頃に第13世代CPUのデスクトップ向けであるRaptor Lake-Sを発売予定としており、ES品が出回り始めていますが、このES品を用いたベンチマークでCore i7-13700KとCore i5-13600Kの消費電力に関する情報が出現しました。

  • 2022年7月25日
  • 2022年7月25日

Intel Core i7-13700Kのベンチマーク出現。Core i9-12900K並みの性能に

Intelでは第13世代デスクトップ向けCPUを2022年秋ごろから発売を予定しており、その試作品であるES品が多くのマザーボードメーカーやリーカーの手に渡り始めています。その中でCore i9-13900KやCore i5-13600Kについてはベンチマーク結果が出現していますが、今回この中でハイエンドモデルとなるCore i7-13700Kのベンチマーク結果が出現しました。

  • 2022年7月13日
  • 2022年7月13日

Intel Core i9-13900KのGeekbench出現。Ryzen 9 5950Xを48%上回り、最大5.7 GHzで動作

Intelでは2022年秋以降に第13世代デスクトップ向けCPUであるRaptor Lake-Sを発売予定としていますが、この中で最上位モデルとなるCore i9-13900KのGeekbenchベンチマーク結果が出現、動作クロックは最大5.7 GHzにも及び、AMD Ryzen 9 5950Xを大きく超えるスコアを記録しています。

  • 2022年6月30日
  • 2022年7月2日

闇市で出ていたCore i9-13900Kベンチマーク出現。Ryzen 9 5950Xを10%超え、ES3は5.5 GHzでの動作も

2022年秋以降に発売がされるIntel 第13世代デスクトップ向けCPUであるRaptor Lake-S、その最上位モデルとなるCore i9-13900Kの試作品が中国のオークションサイトに出品されていましたが、このCPUを出品した者によってCPU-Zに表示されている詳細仕様とベンチマークが登場しました。

  • 2022年6月24日
  • 2022年7月2日

Intel Raptor Lake-Sの動作クロックは最大6GHz?『ETVB』と言う新機能も追加

Intelでは2022年秋以降にデスクトップ向けに第13世代CPUであるRaptor Lake-Sを投入予定ですが、このCPUではブースト時の最大動作クロックが6 GHzに達する可能性があり、それを実現するために新たにEfficient Thermal Velocity Boost(ETVB)と呼ばれる新機能が採用されるようです。

  • 2022年6月19日
  • 2022年8月9日

Intel 第13世代Core CPU『Raptor Lake-S』最新情報まとめ

Intelでは2022年秋頃を目途に第13世代Core CPUのデスクトップ向けである『RaptorLake-S』を発売予定ですが、ここでは現在判明しているRaptor Lake-Sの仕様や各最新情報の記事一覧をまとめて紹介します。

  • 2022年6月14日
  • 2022年6月23日

Intel Core i9-13900のベンチマーク出現。3.7 GHzで12900Kを超える性能

Intelでは2022年秋頃に第13世代CPUであるRaptor Lake-Sの投入を予定していますが、今回この中で最上位モデルとなるCore i9-13900のSandraベンチマークが出現しましたが、3.7 GHzで動作するES品がCore i9-12900Kを既に超える性能を発揮しているようです。

  • 2022年6月11日
  • 2022年6月20日

Intelまた窮地?Raptor Lakeは秋以降に登場。サーバー向けは大幅遅延

Intelでは2022年後半に現行のAlder Lake-Sの後継モデルとしてRaptor Lake-Sの投入を計画していますが、どうやら当初の計画に対して投入時期が遅れる様で、2022年第四四半期後半に登場する可能性があるようです。また、Intelが他に用意している製品Meteor Lakeなど将来製品についても当初予定より遅れ気味のようです。